ブログをリニューアルしましたので

      2018/03/16

若き経営者の本気を引き出し、応援し続ける赤ペン先生

近藤将人 です!

 

【 わたしの ライフシフト 】

突然ですが、

わたしの働き方に

大きな変化がおとずれました。

 

そこで、これまでの自身の働き方を

振り返っていこうと思います。

 

教育公務員

大学を出たばかりで

中学校社会科教員として

下関に赴任して、17年。

やる気と熱 で新米時代を駆け抜けたけど

度重なる問題出来!

不登校生徒の対応にいきづまり

まさか、自分が不登校に。

キャリアの大半は

元気な自分で生徒と向き合えず、

悶々とした日々を過ごしました。

・・・・・・・・・・・・

断腸の思いで教員を退職。

 

最悪の結末のはずが・・・

学校を離れた直後、元気復活!

やめることが最高の処方箋

となったのです。

 

フリーの営業マン

40歳の転職は難航し

たどり着いたのは

想定外の 保険営業 でした。

 

初めての名刺、

初めての飛び込み営業、

初めての異業種交流会・・・

前職では味わえなかった出会いの加速

自分で給料をつくることの大変さ。

・・・・・・・・・・・・・・

しかしながら、

保険の見直し には、

やりがいがありました

 

同じ内容なら、より安く。

同じ保険料なら、より充実した内容に。

保険会社を変えることで

入れなかった人が、

入れるようになるケースも

ありました。

 

しかし、保険だけでは

家計を強く、ゆたかにすることは難しい・・・

 

さらに、私を悩ませたのは

自身の販売力のなさ。

 

売る力がないと

自分か、お客さまにムリがたたる・・・

 

そんな中、

自宅ポストに1枚の名刺

よくある外壁リフォーム営業マンの名刺でした。

 

いつもなら、迷わず捨てるところですが

飛び込み営業の悲哀を味わっていた私は

感情移入し、

その会社を逆に訪問したのです。

 

社長さんは喜び

名刺の営業マンから

外壁塗装の見積もりをいただいたのですが、

私の名刺にあった「FP」の文字にふれ

義理の兄が

下関で

独立系FP事務所 を開業していると

教えてくれました。

 

衝撃 を受けた私は、すぐに訪問!

そこが

「ファイナンシャルクリニック」という

マネーバランスクリニック の事業所でした。

 

保険だけではない、総合的な相談を行っていること

そのような、相談家を養成するしくみがあること

 

販売業 から 相談業 

新たなポジションを志し、

「マネーバランスドクター」の道を

歩きはじめました。

 

コンサルタントで独立開業

2013年10月に

マネーバランスクリニックを開業し

保険、貯蓄、運用、ローンや

国の保障、企業の保障のバランスをとる

ワンストップの総合相談

を展開しました。

 

が、知ってもらう活動で苦戦・・・

ピンと来ない!

相談料を貯金した方がまし

自分でやってみるわ 等々・・・

 

費用対効果

うまく伝えられずにいました。

 

パラレルワーク

自営業は、

年中無休 であり

年中休暇 でもあります。

そこで、すき間時間に

いろんな仕事を入れていきました。

 

インドネシア人研修生に日本語指導

 

保育園児の運動会などイベント撮影

など

 

仕事と言えるかわかりませんが、

教員をやめてから

妻の実家の荒れ地を耕し

サツマイモや落花生などの栽培を始めました。

 

どれも、楽しんでできる仕事、

ライクワークです。

 

ライフワークは、

やはり教育活動なのではないかと感じ、

PTA活動、まちづくり協議会や、

下関市の教育審議会にも

参画していきました。

 

そして、2017年の秋から

協会事務局の事務局長の任を拝しました。

この仕事は、

かなり気合いと覚悟のいるものですが

事務局の実務は

今後の働き方にかかわる

貴重な経験を

与えてくれるものだと感じています。

 

「伝説の社員」 を目指して

出版コンサルタント、

土井英司さんの著書に

「伝説の社員になれ!」

というものがあります。

 

雇われる という働き方に、

新たな魅力を感じさせてくれる

面白い視点でした。

 

ライスワーク にとどまらず、

 

会社の資源 をフル活用して

人脈 を作りまくり

希少性 を磨きまくり

価値 を高めまくっていく

 

会社の看板がなくなったとしても

ひとりで稼ぐ力をつけておく働き方

・・・・・・・・・・・・・・

 

勉強できて、お金までもらえるなんて!

 

そんな感覚で

就職活動したことはなく、

もったいないことをしたものだと

残念に思いました。

 

すでに

フリーランスの道を歩んでいた

わたしは、

雇われる働き方を

とっくの昔に

あきらめていて

なおかつ

この裁量100% の風を味わった今

もう戻ることはできない 

と感じていました。

 

ところが、

前出の 土井さん が

引き合わせて下さったと

言っても過言ではないような

様々な出会いが繋がり、

「伝説の社員」を目指す、

壮大な実験がスタートします!

 

共済年金 から

国民年金 

そしてさらに

厚生年金 のステージへ進出。

 

今再び、

やる気と熱で勝負の新米時代が

社内最年長 で始まります。

今後の奮闘ぶりは、、、またリポートします!

 

最後までお読みいただき

有り難うございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類