教育資金と老後資金の準備の両立

      2017/08/04

下関から、家計を強くし、
今と将来のゆとりを創る相談家、
こんどうまさと です。

私は、マネーバランスクリニックのグループとして
お客さまの所得をつくる相談を行っています。

さて、
人生の3大資金といえば、
教育資金・住宅資金・老後資金 ですね。

私自身、現在中学1年生と小学4年生男子の子育て真っ最中です。
我が家にとっても、教育資金と老後資金の確保は大きな課題です。

マネーバランスクリニックで使用する
家計管理ツール「未来家計図」
で分析すると、
我が家では
およそ4年後に第1の教育費の波がやってきます。
具体的な数字で実感できます。
もう待ったなしです。

だからと言って、老後資金の準備を先送りにして
教育資金だけの対策を行っても、
不安は解消できません。
老後資金は基本生活費ですから、
使わないという選択肢はありません。
物価の上昇、年金の不確実さを考慮すると、
現役世代の早いうちに準備・対策が必要になります。

今、やらなければ
将来はもっと厳しい状況の中でやらざるを得なくなります。

まずは、
今のお金、将来のお金、過去の清算(返済)、もしものお金、
とバランスを整えながら仕分けを行っていきたいところです。

そして、将来のゆとりづくりのために、

今がんばらないといけない理由を明確にして、
先送りせず、
収入づくり、支出削減、財産形成 をやっていこう、
と我が家も生活を設計しております。

ムリなく、効率的に準備するには、プロの力を借りるのが効果的です。

教育資金と老後資金づくりの両立を考えたい
今の生活を維持しながら、将来のゆとりをつくりたい

そんな方のために
マネーバランスドクターが価値を提供します。
キーワードは
「保障の考え方」
「10の所得」
「家計決算」
です。

アンテナがピンときた方、
お問合せを!

お読みいただき、ありがとうございました。

 - マネーバランスの考え方