目的別資金計画では教育費・住宅費・老後費が整わない

   

目的別だと計画だけは立てやすい

教育資金・住宅資金・老後資金

この資金は人生の3大資金と呼ばれているものです。

 

教育資金は子どものいる家庭限定ですが

住居費は賃貸でもかかりますし

多くの方は老後を迎えます。

 

教育資金

子どもの年齢に応じて

必要となる資金の計算は立ちます。

 

住宅資金

いつまでに、いくら

の設定は可能です。

 

老後資金

年齢に応じて準備可能です。

 

それぞれでの計画は

比較的自身でたてやすいものです。

 

バラバラに資金計画を立ててしまうと…

目的別資金計画

立てるのは

難しくはないのですが、

バラバラで立てた計画は

いざ、実行しようとしたとき

達成が極めて困難です。

 

なぜか?

 

バラバラの計画は

それぞれの

達成したい目標からの

逆算でできるのですが

 

同時に行ったときには

収入・支出・財産形成面

 

ムダや(二度手間など)

ムラや(かたより、過不足)

ムリが(そもそもできない)

 

生じてしまい

効率が悪いどころか

途中で破綻しかねません!

 

人生設計の全体像を把握すると…

バラバラで資金計画を立てる前に

我が家の人生設計の

全体像を「見える化」してみましょう

 

我が家の現状はどうなのか?

 

稼ぐ力はどのくらいか

支出はどのくらいか

預金残高はどうなのか

 

そして、

 

我が家の将来

 

いつ、いつまでに何を成し、いくら必要なのか

 

「お金」「時間」「使い道」

見通しを立ててみましょう

 

時系列で整理した

ライフイベントの表

 

収支の流れがわかる

キャッシュフロー表

作り込んでおくと

 

いつ、どのくらいお金がかかりそうなのか

いつごろまで貯蓄がんばれそうなのか

いつ、がんばらないと間に合わないのか

 

がんばれる時期

がわかり

がんばる理由が明確に

なってきます。

 

人生のステージが明確になると…

表や数値で見える化すると

様々なことに気づきます。

 

住宅ローンと子どもの進学が重なる時期は

なかなか貯蓄可能額を出しにくいな

 

貯蓄は子どもが小さいうちだな!とか

 

退職後は稼ぐ力が激減するけれど

それに合わせて

生活レベルを下げるのは難しそうだな、とか

 

子どもの自立の後では

老後の貯蓄は間に合わないな、とか

 

節約だけでは長生きリスクに対応できないぞ、とか

 

どちらかというと

あまり、見たくない現実に

目を背けたくなるかもしれません。

 

しかし、

 

いつ、がんばるのか

なぜ、がんばるのか

 

が明確になれば、

達成可能な計画を立てることができるのです。

 

何もしないリスク…見えない方がホントはコワい

実際、多くの家庭では、

我が家の家計に関して

 

なんとかなるだろう、

現状を見ようとしないで

先送りしている

 

もしくは

目の前のやりくりで精一杯

全体像を見る余裕がない!

 

といった声をききます。

 

現実を知るのがコワいという

ご意見ももっともなのですが

 

見えないことの方が

そして

何もしないことの方が

よっぽどコワいのです。

 

見えれば、備えることができます。

 

先送りすれば、

打てる対策はどんどん少なくなっていきます。

 

生活設計はリバウンドしないダイエットのように

健康的なダイエットでは

 

食事と

排泄あるいは消費とか代謝

そして、体力づくり(運動)

 

この3つのバランスを整えることが

大切なのは周知のとおりです。

 

どれかひとつを

とことんやるようなダイエットは

健康をそこねたり

リバウンドしてしまいます。

 

これを、

健康的な家計に置き換えると

 

収入をあげること

支出を上手に行うこと

財産を働かせること

 

ということができます。

 

この3つを

バランス良く

周到に行うことが

肝心です。

 

体を酷使して働くだけでは

 

買い物でガマンにガマンを

重ねるだけでは

 

大きなリターンをねらって

リスクをとるだけでは

 

健全な家計をつくれません。

 

まとめ…バラバラよりマネーバランス

目的別資金計画では

達成困難な計画になります。

 

人生計画を立て、家計を見える化すると

ムリのない

「お金」と「時間」と「使い道」の計画が

見えてきます。

 

教育費と住宅資金と老後費用

別々に考えるのではなく

 

人生設計を総合的に考え

ムダやムラのない資金計画が、

 

収入と支出と財産形成

バランスを整えることが

大切です。

 

しかし!

ダイエットと共通しているのが

 

この一連の

計画(PLAN)

実行(DO)

検証・修正(CHECK)

再実行(ACTION)

 

・・・これを

 

自分たちだけで

行うのは

相当難しい!

ということです。

 

 

私は…

 

そこに

「マネーバランスドクター」という

 

お金の総合相談家

価値と希少性が、

 

この仕事のやりがいが

あると感じています。

 

このマネーバランスの考え方に

ご賛同いただける方、

今すぐにでも

お会いしたいです!

 

 

 - マネーバランスの考え方